鑑定でわかること

トップページ > 霊視鑑定ってなに? > 鑑定でわかること

霊視鑑定でわかること

霊視とは、霊的な力を駆使することで対象となるモノや人を観測して、その人物の霊的な背景を読み取っていく能力のことを指します。 なので、カウンセリングを受ければ比較的難しいとされることも含め、多くのことを読み取ることが可能です。

難しいことというのは、たとえば人の「気持ち」であったり、物事の状況をよみがえらせるための「当時の残り香」だったり。 物理的な事象以外を鑑定する際は霊視による鑑定が最適であると言えます。

もちろん霊視は物理的な状況を把握できないということはありません。霊界を通じ、霊的に物事の状況を読み取ることで、その物事を間接的に捉え、状況を把握していくということも可能です。 では、霊視鑑定を受けると具体的にどのようなことがわかってくるのか。主に次のようなことが把握できます。

霊視カウンセリングでわかる事柄

・前世の情報や、前世から現世に及ぼされている影響
・未来に起こりうる出来事、その解決方法
・運勢や幸福の有無、それを解決するための方法
・日々の生活や、人生に対する迷い
・病に関することと、それを解決するための方法
・亡き者との通信や対話
・先祖の守護霊による、あなたに対してのお導き
・憑依霊の認識およびその除霊方法
・霊的現象や心霊現象といったことと、その解決策
・あなた自身の魂のハイヤーセルフ
・天命と呼ばれる、個人が何のために生まれてきたかを読み取る方法

など、霊視でカウンセリングをすることでわかることは多岐にあげられます。 一つでも悩んでいる項目があれば一度霊視を試してみるのもいいかと思われます。