霊視能力を得る方法

トップページ > 霊視の方法とは? > 霊視能力を得る方法

霊視能力を体得する方法は?霊感を超えた能力が必要

霊視能力は通常、普通の人には体得できません。霊視は、生まれ持った才能、特別な人が何らかのきっかけで能力を開花させるのです。ほんの一部ですが、霊視能力がない人でも霊視が体得出来るという人もいます。 その人たちが言うには、まずは霊感を鍛えて、霊感が強くなったら本物の霊能者に弟子入りして霊視能力を高めるという方法です。霊感がなければ何も始まらないわけですね。 霊感は本来、誰もが持っている能力だという話もあります。そういう意味では、誰もが霊視が出来る可能性を秘めているのかもしれません。 しかし、真の実力がある霊能者は、元々才能がある人ばかりです。無理に霊能者を目指す必要はなさそうです。それでもどうしても霊能者になりたい方は、まずは霊感を鍛えてみましょう。

・霊感を鍛える方法①「毎日、瞑想(めいそう)する」
1日数分間だけ行なえばOKです。心の奥底までリラックスし、自分の心を見つめ直します。無理な姿勢は取らず、楽に座りましょう。目を閉じながら、ゆっくりと深呼吸します。雑念が入ってきてたら、呼吸に全神経を集中させましょう。

・霊感を鍛える方法②「感性を磨き、心を洗う」
自分の心を磨いて霊感を高めます。心を落ち着かせる音楽を聴いたり、心洗われるような絵画を鑑賞したりしましょう。

・霊感を鍛える方法③「善い行ないをして、陰徳を積む」
気付いたところからでいいので、人の役に立つ善い行ないをしましょう。人に褒められるためにするのではありません。陰で徳を積むのです。

・霊感を鍛える方法④「未来をイメージングする」
周りの人を観察し、その人が次にどんな行動を取るか予想します。直感力・洞察力が鍛えられる、霊感を鍛えるには効果的な方法です。最初の段階では、前を歩いている人はどちらに曲がるのか予想し、慣れてきたら、友達は誰と付き合うのかなど、実践的な内容を盛り込んでみましょう。