霊視の事例

トップページ > 霊視とは > 霊視の事例

霊視占術を使った霊視の例1-オーラ-

オーラはこの世に存在するあらゆる生物の身の回りにある光の集合体のことを言います。 私たち人間で例えるならば、それぞれの人が持つオーラの発光には、明確な色が存在し、その色に応じて性格や恋愛観、さらには未来の命運や過去も読み取ることができます。 オーラは誰にでも見えるわけではなく、透視もしくは霊視の能力によってその存在を確認することができるのです。

そして実はこのオーラ、最近ひそかに人気を博してきております。 主に若い女性の間で認知されてきており、特に恋愛に関する悩みに対して人気が高いようです。 今恋愛に対して悩んでいる方がいらっしゃいましたら、霊視占いでオーラを診てもらうといいかもしれません!

霊視占術を使った霊視の例1-レイキ-

レイキとはレイキヒーリングとも呼ばれる、私たちの心身をケアするエネルギー療法です。自己治癒力の活性化が目的であるため、ダメージを負った心身に素敵なヒーリング効果が見込めます。 霊視が霊能者にとって鑑定能力であれば、レイキは鑑定で見つけた邪悪のヒーリング能力に当たる部分といえるでしょう。

ちなみにこのレイキは、アチューンメントと呼ばれる儀式を行い、自身の中に眠るヒーリング能力を適切に呼び覚ますことができれば、比較的誰でもレイキ療法が習得可能です。 さて、このレイキが人気の理由はそのヒーリング効果にあります。 日々の生活で私たちの身体は自分が思っているよりずっと疲弊しているもので、知らず知らずのうちにいろんな力が消耗しております。 そのままではハイヤーセルフなどの力も上手く働かなくなり、運気も低下しがちに。

ですがそういった問題も、レイキヒーリングがスパッと解消してくれるのです。 興味のある方はぜひ一度霊視占術であるレイキを試してみてはいかがでしょうか?